泉質主義 「泉質主義」、はじまります
忙しい毎日をちょっと離れ、心と体をゆったりほぐす。やっぱり日本の旅は温泉だね、という日本中の温泉ファンのために。
草津温泉は、温泉の原点であり、理想でもある「泉質主義」を宣言します。
それは、日本の名湯として、これからも歴史を重ねていくために。そして大自然の恵みである泉質を、いつも、いつまでも気軽にお楽しみいただくために。
いい湯にこだわり続ける草津温泉の「泉質主義」、いよいよはじまります。

飾り

 

日本三名泉に数えられる草津の湯。源泉に1円玉を1週間つけておくと、跡形もなく溶けてしまいます。この強い酸性が、草津温泉の殺菌力の秘密。実験によると、湯内ではほとんどの細菌・雑菌が繁殖できず、消滅してしまいます。温泉療法に優れた効力があるといわれるのもこの理由からです。
※草津、下呂、有馬が日本三名泉

 

草津が、湯もみをする理由

草津が、湯もみをする理由

浴槽に並んだ湯もみ娘が、チョイナチョイナの掛け声とともに、木の板でお湯をかきまぜる「湯もみ」。熱い源泉を冷ますのに、水を加えて効能を薄めてはいけない、と明治の頃に始まった風習です。現在は湯畑から長い木の樋を伝わせて、徐々に湯温を下げています。

湯もみは、時間湯という草津独特の入浴法に大きく関係しています。昔は湯長(指導者)の号令で入浴者が全員で湯もみをし、46度〜48度という高温の湯に、時間を区切って入浴していました。現在も、情緒あふれる湯もみの模様は、「熱の湯」で見学・体験ができます。

 

草津の湯は、表情も豊か。

道路にも家庭にも、湯の恵み。

温泉情緒豊かな草津には、絶景のパノラマ「西の河原露天風呂」、合わせ湯という温度差ある5種類のヒノキ風呂を楽しむ「大滝乃湯」、湯もみ見学・体験の「熱の湯」など多彩な温泉施設が。また「白旗の湯」「地蔵の湯」「千代の湯」など、19か所もの共同浴場もあり、入浴マナーを守れば、地元の人も温かく迎えてくれます。

スキーリゾートとしても名高い草津温泉。だからこそ、真冬でも温泉街の主な道路を、凍らせる訳にはいきません。快適なアクセスのため、草津では温泉熱を利用して、路面凍結を防いでいます。95.4度という万代源泉を水で薄めず、入浴に適した温度に下げるため、草津では源泉の流れる管を水道水で冷やす、熱交換器を利用。その際にできる温められた水を、道路の融雪はじめ、地元の家庭や旅館で使うお湯として再利用するのです。ボイラー設備の必要がなく、環境にもやさしい。人も街も温めてくれる草津の湯です。

 



お問い合わせ
湯love草津
草津温泉観光協会
電話0279−88−0800
草津温泉旅館協同組合
草津温泉旅館協同組合
電話0279−88−3722
草津町商工会
草津町商工会

電話0279−88−2067
>>>>>ホーム